真面目にコツコツseo対策【seo対策の京都NOREN】

第四回検索エンジン最適化講座 リンクとは

2013-03-22

一般的にseoの外部対策として有名なリンクです。

リンクは他のページからリンクをされる外部リンクと

運営されているページから同じドメインのページに貼られる内部リンクとがあります。

グーグルはいろんなホームページから被リンクをもつ(いろんなホームページから紹介されているホームページ)

を評価する傾向にあり、質の高いホームページからは一層評価が高いということになります。

 ホームページの質等は正直判断材料がとても難しいので、

これといった明確なものは現段階では言えませんが、

当社ではページランクを一つの指標として対策を行っています。

 もしあなたが自分でseo対策を行いたいとかんがえているなら、

独自ドメインを習得、サーバーを借りて、ある程度の上位表示したいサイト

の関連サイトを構築するのが一番の早道といえます。

もちろん無駄に量産するのではなく、

世界の誰かにとって有意義な情報であることは一番です。

seo対策はほぼこのリンクが80%と言われていますが、

そこには技術的なバランス等様々な兼ね合いがあり、

それ自身がseo対策における大変重要な要素となります。

ホームページの作りが悪ければ外部リンクをいくつ貼っても上位表示できない。

また外部リンクで質より量で行き過ぎると、逆に順位が下がってしまう。

そのようなことも起こりえます。

次回第五回は一度 これまで4回検索エンジン最適化講座のまとめをさせて頂きたく思っています。

第三回検索エンジン最適化講座 サイトの評価をあげるには?

2013-03-13

さてそれではサイトの評価を上げるにはどうすればよいのでしょうか?

この話をすると確実に言われるのが良いコンテンツ(素敵な文章)を

つくればいいという人が多い。

じゃあ良いコンテンツってのは具体的に何なのでしょうか?

・読みやすい文章?

・プロの写真家が撮ったであろう写真

・デザイナーが書いたイラスト

言い出したらきりがありません。

ただ一つ言えることはコンテンツの中身がないとどうしようもないということです。

第2回検索エンジン最適化講座で述べたとおり、グーグルはロボット型のデータ収集なので、

1ページにつき文字数400文字ぐらいはないとそのサイトの評価は下がるでしょう。
※最悪でも250文字以上はないと評価は確実に下がると思っています。

だからいいコンテンツを作るというのは、まず文字数超える文章を書くというのが重要です。

もちろん意味のない文章羅列を並べてもしょうがないですが、

逆にコピーライターが書いたような文章は必要ありません
(書ける能力がある人はどんどん書いた方がいいですが)。

自分が知っている事。自分の個人的な思い。なんでもかんでも伝えたいことがある人

それを気軽に世界中の人に発信できることがホームページの利点です。

だからこそあまり中身のないページがたくさんあることは、

検索エンジン最適化の観点からもそのサイトの評価は下がるでしょう。

1文字1文字を精査する前に、まずは400文字以上の文章をそれから、付け加えたり

より文章を綺麗にすればよいと個人的に考えています。

次回はリンクについてです。

第二回検索エンジン最適化講座:検索エンジンのしくみ

2013-02-21

順位をあげるためにまず理解しておかないといけないのがヤフーとグーグルの検索エンジンのしくみについてです。

検索エンジンといえばおそらく日本では9割方がヤフーとグーグルを使っています。

では検索エンジンのしくみはどうなっているのででしょうか?

検索エンジンのしくみは、ロボット型とディレクトリ-型の大きく二つ分けられます。

ロボット型(google)は

定期的に世界中にあるホームページを巡回するロボットと呼ばれるソフトウェアを実行し、ホームページのデータを検索エンジンデータベースに蓄積します。
そして検索エンジン上にキーワードを入れることによって、その蓄積されたデーターから評価の高い順番に引っ張り出すという動きを行います。

ディレクトリー型(yahoo)は

Yahoo!Japanはかつてこのディレクトリー型エンジンを使用していました(現在はgoogleの技術を借りてロボット型を採用)。
こちらはサイトの編集者がサイトを閲覧し、サイトの説明を付け加えカテゴリー別に分類して検索エンジンデータベースに登録します。

これは恐らく私の推測ですが、ディレクトリー型はどうしても人の手がかかるので、コストが合わなくなり、
全世界的にロボット型に移行してきたのではないかと考えています。

seo対策をするにはしくみを理解してから

いまロボット型ということを意識して検索エンジン最適化をしないと意味がないということです。
ここがseo対策において、重要です。

また順番を決める評価基準のポイントのつけ方を常にグーグルは修正しております。
現在はどのようなことがポイントを高く評価しているのかを認識して、
それに対するseo対策を行うことが、われわれのようなseo対策サービス会社がやっていることです。

では実際どのように評価を上げていけばよいか?
ということは第3回にてお話します。

第一回検索エンジン最適化講座seo対策とは何なのか?

2013-02-15

こういう風に書くとこれを見て下さっている人皆様が、

いまさらそんなこと誰でも知っていると言われそうだけれど、

まったくseoについて知らない人の為に、ちょっと書いてみます。
(なかなかの長文になりそうなので、調子にのって講座なんてタイトル

をつけちゃいました。のれん屋が行うseo対策サービスとして、

まったくseo対策の素人って人への講座となります。)

ホームページを探す際に検索エンジンを使う

皆様はグーグルやヤフーという検索エンジンサイトを

まず立ち上げます。そしてそこから自分がほしい情報を探すわけです。

検索エンジンサイトというものがなかった時代は、

当社サイトであればhttp://socecoskivu.orgとわざわざアドレス

を打たなければならなかったのです。

ヤフーやgoogleといった検索エンジンサイトを使うことで

ずいぶん利便性がよくなりました

逆にいうとこれ便利って思う人がたくさんいたから急速にひろまって、

googleは世界企業になったといえるかもしれません。

今このサイトを見ている人ももしかしたら「seo対策」で

検索してきてくれたのかもしれません。

そう考えると狙ったワードで検索エンジンサイトで上位表示

をすることがいろんな人へ商品やサービスを伝えるには

とても重要なことのように思います。

つまり狙ったワードで上位表示することこそが

seo対策をするということです。

では第2回検索エンジン最適化講座では、グーグルで上位表示するために

グーグルを知ろうでお会いしましょう。

Copyright(c) 2010-2016 まじめにコツコツseo対策を手作業でする京都のれん株式会社web事業部 サイトマップ All Rights Reserved.