真面目にコツコツseo対策【seo対策の京都NOREN】

「モバイルユーザビリティ上の問題が検出されました」

2015-03-25

Googleからのメッセージ:「モバイルユーザビリティ上の問題が検出されました」への解決策について

Googleからの公式見解では
http://googlewebmastercentral- ja.blogspot.jp/2015/02/finding-more-mobile-friendly- search.html
2015年4月21日から、モバイルに対応しているかどうかが、検索順位決定の要素となると発表しています。
それに伴い、現在モバイルに対応するサイトを持たないサイトに対して、上記のような
メッセージが送られています。

 

 当社の見解

PC画面からの検索については4月21日の段階でモバイルに対応しているか否かは順位に影響しないと考えています。
ただし、今後のネット環境やモバイルの環境を考えると、将来的には、どこからの検索かに
かかわらず、モバイルユーザビリティは検索順位に影響すると考えられます。
モバイルに対応していないホームページについては、順位が下降する可能性があるでしょう。

今後の対策としては、まずモバイル対応のサイトを作る必要があります。

手法としては下記の方法が考えられます。

 

  • 1.携帯やスマホ対応のサイトをつくるスマホや携帯からの閲覧を判断し、
    画面表示を変える仕組み(ジャパスクリプト等)を導入しておくことをお勧めします。
    (参考サイトhttp://www.html5- memo.com/css3/pc_bunki/
  • 2.現在のホームページをレスポンシブ対応へとカスタマイズする作業量が多く、
    難しいため、カスタマイズ費用が高額になる可能性があります。
  • 3.ワードプレスを用いたレスポンシブ対応版へとサイト自体をリニューアルする

当社の推奨はこの方法です。
現在のサイトをホームページビルダーやドリームウィーバーで作られている場合、
この機会にワードプレスへ移管されると更新のコスト面や更新人員の確保の問題も解消されます。

※ワードプレスならば、ブログの投稿ができるといった程度の知識や技術でサイトの管理が可能です。

ただ当社では基本ホームページの制作は行っておりませんので、いい会社をお探しください。

httpsはgoogleの公式発表どおり、順位に影響するのか?

2014-09-22

2014年8月7日木曜日 | 15:45にgoogleの公式発表のあった

httpsが検索エンジン上位に影響を与える件について、実証してみました。

 

結論としては 現在ほぼ変化なしです。

 

データ5サイト分であったので、それほどデータとして信用性に欠けますが、変化はなかったです。

これは変えた突端に変化がでないものなのか?

キャッシュがある程度更新されてから変化があるものなのか?

現段階のところ闇の中ではあるけれど、

今後評価の割合をどんどんあげていくのではないか?と個人的には考えています。

 

なぜならhttpsのようなある程度運営に費用がかかる経費を使って、

ホームページを作ると、人間の心情上、低質なコンテンツを作れないからと考えているからです。

 

オーソリティ等を巷では騒がれているが、明確な判断基準たとえば、httpsのような

理解しやすいものの方が、どんどん評価の加点は上げていく。

そんな風に考えています。

 

今後seo対策はもっともっと難しくなっていく、そんな風に思えます。

 

 

yahooサジェストがおかしい場合

2014-09-11

yahooサジェストがあからさまにおかしな表記になっている場合の対処方法の一例です。

yahoo公式のスタッフブログ様より見つけました。

http://searchblog.yahoo.co.jp/2010/12/yahoo_102.html

yahoo

より申請ができるみたいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~上記より引用
4.Yahoo!検索からのお願い

このようなスパム行為に対してシステム的な措置を講じて排除するなど、Yahoo!検索自身でもさまざまな取り組みをしていますが、Yahoo!検索の品質に対する疑問(スパムワード / 違法サイトなど)や、上記のようなサービスを提供/販売する企業からの売り込み等があった場合は、下記のお問い合わせフォームよりご連絡をいただければ幸いです。

引用 上記ホームページより  申請フォーム

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

明らかにおかしいなんて思われたら、一度申請してみてはいかがでしょうか?

yahooさんの判断としておかしくない場合は、対処してくれないとは思いますが、一つのきっかけになると思います。

どんなことでも真面目にコツコツが大事

2014-08-21

最近とてもよく思うことが、真面目にコツコツって本当に大事だなぁなんて思うのです。

一生懸命やればやるほど、なにかしらの成果が出てくる。

そこを忠実に努めなければならないと思うのです。

これはseo対策においてもものづくりに関しても同様だと思います。

どんなことでも他人からすごいと思われるヒトや事象は

たくさんの真面目な想いの積み重ねがあって、そこに立っているものだ。

そこには決して近道なんてのはないと思います。

 

京都でものづくりを行っている会社として、伝統工芸といわれる人たちが

どんどん廃業していくのをみるのはとてもつらい現実ですが、

広告やブランディングという立場にて少しでもその分野の人々の役に立てれば

と思っております。

 

単純にそう思った曇り空の京都でした。

グーグルはオーソリティをどう判断するのか?

2014-05-20

ここ最近1年でこんな不自然な動きは珍しく思います。

おそらく何かしらのテストを繰り返しているのは明らかです。

私の方は、ここ数日は調査に集中作業をしております。

ただアルゴリズムが変わりすぎてつかめない。

何が正解かわからない状況になっております。

 

オーソリティは本当に重視されるのかまたどこでグーグルはオーソリティを感じるか?

昨今叫ばれているオーソリティ(権威性)をどのようにサイトで評価するのか?がとても気になります。

※個人的にはオーソリティはとても重要になると思います。

たとえば有名な人が書いたものが本当に権威性なのか?発言したのものが権威性があるのか?

※付け加えると著名人でも文章ライティング力が低い方や表現力が乏しい方はどう評価されるのか?

論理的な判断基準はどうあるべきか?

 

たとえば有名人が発言した言葉がほんとに権威性がでてくるのであれば、

『YES WE CAN』という有名な演説をしたオバマ大統領のコピーライティング

をしたのは、当時はそれほど有名でもなかったAdam Frankel という26歳のコピーライターということをご存じでしょうか?

この場合発言したのはオバマ大統領だから権威性があるのか?

 

それともこの文章が素晴らしいので、Adam Frankel さんという方の文章に権威性があるのか?

 

論理的にグーグルはどちらを優先するのでしょうか?

これをどちらを優先にするかで今後seo対策の手法も変わってくると思います。

 

 

 

 

 

なぜ見積りにウェブマスタツールの導入が必要か?

2014-04-01

seo対策の見積りに当社ではウェブマスタツールの導入を必須としております。

 

他のseo対策会社は必須でない会社が多いらしいので(お客様に教えてもらったところ)、

 

なぜか?という質問をよくお聞きします。

 

 我々の考え方の一つですが、グーグルでの上位表示を目指すために、

グーグルがどのように対策サイトを認識しているかをとても重要視しております。

そのツールとしてウェブマスタツールを使わせていただいております。

 

よく言うたとえでいうと、歯医者さんに行って、診てもらうときにレントゲン写真を

とりますよね?それが弊社でいうウェブマスタツールだと思って頂ければ幸いです。

お見積りをお望みの方には大変ご面倒だと思いますが、

宜しくどうぞお願い申し上げます。

※なお導入にあたっての手引書も作っておりますので、お気軽にお申し付けくださいませ。

 

大幅ページランク更新した?

2013-12-06

当社保有しているサイトのページランクをみていると

非常に大幅な動きをしています。

基準を変えたのか?

と思えれるほどの更新なので、

おそらく大規模更新とみてとれます。

現状 スタートレベルなのかテストレベルなのか?なにか意図がるのか?

それともまだ2、3日動くのか

目が離せなくなってきました。

seo対策をするには、ウェブマスタツールを入れる?入れないよりもなにかしらでデータを取る必要がある

2013-12-05

ウェブマスタツールを入れない入れるという論争が各地で起こっているようだ。

※私の個人的な意見から言えば、グーグルがどのように自社サイトを認識しているかを

 確認できるツールだとおもっているので、入れた方が良いと思います。

それはどちらでもよいとして、データというものをとらないというのは、

大問題だと思います。

グーグルの検索エンジンのしくみが一定のルールで成り立っている以上

そこには法則があり、それを元に検索順位が成り立っている。

考え方としては、グーグルは人が求めている有益な情報を検索エンジン上上位にしたい。

単純にいうと、
1、文章の内容があるサイト
2、最新情報が常に表示されるサイト
3、大きな情報量があるサイト

これを検索エンジン上位表示をするために逆手にとって上げるために、

こういう施策すると検索エンジン上評価せざるおえないだろうであろうというのを

わかりやすい形で対策として行っていくことが重要だと思います。

その中でデータをとらないと対策の方向性などはでてこないので、

ご自分でseo対策をされたい方は必ずデータをとり、実験結果を繰り返し、

上位表示をめざすことをお奨めします。

 

seo会社のせ変えについて注意が必要です。

2013-10-12

seo対策の御見積りで今一番よくあるのが、seo対策会社からののせかえです。

ただ当社では2か月前まではhttp://www.opensiteexplorer.org/のみのデータで

調査を行っておりました。

最近ここに大きな欠点があることに気づきました。

というのもhttp://www.opensiteexplorer.org/では見えないリンクがあるからです。

結果がでないseo対策があってすべてリンクを切ってもらってもタイムラグがあり、

ウェブマスターツール上ではデータが反映されているといったケースもよくあります。

しかもリンクを切ってから2か月程度時間が経っていてもまだデータが反映される事象もでています。

今回のアルゴリズム変更で、一度でもペイドリンクをされたことのある方は、非常に上げにくくなったアルゴリズムとしかいいようがないです。

googleのねらいとしてはこれでseo対策会社を一掃したいと思っていると思います。

これでもなんとか結果を出すような対策をしなくては・・・

とは思いますが、seo対策の他社からの乗り換えは、見積り条件として必ずウェブマスタツールを導入して頂くこと

なりました。ご理解頂きますように宜しくどうぞお願いします。

SEO対策サービスの見積りの基準?

2013-06-01

seo対策のサービスの見積りの基準は会社によってまちまちみたいです。

一番よく聞く話は、

グーグルヒット件数たとえばseo対策をグーグルで検索すると↑上記の画像のようにヒット件数がでます。

簡単に言えば「seo対策」16,100,000件のヒット数があるから、

同数のサイトがあるという事です。だからこれで上位例えば10番以内となると10/16,100,000だから難しい。

だからこれによる見積り金額となるというのが一つのパターンです。

当社の見積りの場合 一切こちらのヒット数は関係してません。

 

当社の見積りは 対象ホームページと現状上位表示しているライバルサイトのみです。

当社の場合は、見積り時に対象URLをまず頂きます。

一番に調査するのは、現状の順位とホームページの構造とページ数を把握することです。

なぜならホームページによりけりで上位に行きやすいものとそうでないものというは必ず存在するからです。

 

次にやるのは今20以内に入っているサイトの調査です。

この二つを行うことである程度の金額が出てきて、お客様に見積りをするという流れとなります。

 

良くあるのがお客様よりこのミドルワードなんですけれどやスモールワードの対策なんですが、

というお言葉を頂くのですが、大抵当社基準とは開きがあるそうです。

正直安い場合もあり、高い場合もあるようです。

なので一度お見積りをお考えの方は、メールにてお問い合わせくださいませ。

 

« Older Entries
Copyright(c) 2010-2016 まじめにコツコツseo対策を手作業でする京都のれん株式会社web事業部 サイトマップ All Rights Reserved.